nori☆log
yuzuorange.exblog.jp

ヒト4+イヌ2の生活。不定期更新でボチボチとつづってます。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<   2005年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
秋ですね
すっかり秋の気配に変わりましたねぇ。しみじみ・・・。
朝や夕方の散歩も楽になり何より。
そうそう、週末の日曜日。車で移動中、前方を見ると何とこんな事になってました。
c0000241_14563347.jpg

台風の影響で木が倒れていたのです。
直径約25センチはあろうと思う木が倒れてました。
警察が到着した直後でしたが、道はまだ渋滞していなかったので、倒れて間もないのでしょう。
yuzが出かける時にモタモタしていなかったら、うちの車に当たってたかもーーーー。
なんて考えるとまたゾッとしました。
幸いに車の下敷きはなかったので、誰も被害にあった方は居ない様子。ああ本当に良かった。

クーラー壊れて直したばかりなのに、この涼しさったら。。。
今も窓全開で楽ラスyuzはお昼ね中。
気持ちいいのか、さっきは全員ヘソ天で寝ていました。
c0000241_1525546.jpg

楽はyuzが苦手だけど、寝るときはいつも一緒なのよね~。
c0000241_1532879.jpg

で、これはどうよ?!目が怖いっつーの。
[PR]
by yuzuorange | 2005-09-27 15:04
悲しい出来事
かなり落ち込んだ週末を過ごした。
大事な大事な楽ラスのお友達が亡くなったのだ。

土曜日。夕方、楽ラスの散歩を終え、レストランで外食しようとメニューを見ていたら、散歩友達のNちゃんから携帯に電話をもらった。出るといきなり、
「メイ(黒ラブ)が死んじゃった・・・」と一言。とにかく訳がわからず、「何で?」と聞くと今、散歩していて、車にぶつかったと言うのだ。一緒に飼っているMダックスのレオンの無事を聞いたら、レオンは無事だという。Nちゃんも膝が車にあたったけれど、大丈夫だといった。
相手の車は?と確認すると、逃げたという。何ていうこと!!当て逃げか!!
とにかく、事故から間もない時間だったので、彼女もパニックになっているのが電話先でもわかった。
ジッとすることも出来ず、すぐさまオーダーせずに店を出て、Nちゃんの自宅に向かった。
Nちゃんの自宅には何人か散歩友達が駆けつけていて、皆、目が真っ赤だった。
Nちゃんは玄関の外に居たが、顔から足先まで血だらけだった。
他の散歩友達に聞くと、なんと亡くなったのは黒ラブのメイじゃなくて、Mダックスのレオンの方だった。もうそれくらい訳わからなくパニックになっていたのだ。
とにかく、部屋に行きレオンに会う。
いつも会うと元気一杯のレオンがベッドの中で大人しく寝ていた。抱かしてもくれない元気一杯のレオンが寝ていた。
「レオン、ウソでしょ・・・」「レオン・・・レオン・・・」まだ暖かかった。
ココに来る前に事故現場の前を通るのだが、ビックリするくらい現場には大量の血が広がっていて、通る人も何があったのか?と振り返るくらいだった。
Nちゃんの服の血も全てレオンの血だった。
それくらい大量の血を流したにも関わらず、レオンはとてもきれいだった。
(動物病院に連れて行ったときにキレイに洗ってもらったらしい)
お母さんやNちゃんに聞くと、車にぶつかった時点ですぐに瞳孔開いていたから即死だったということ。Nちゃんが少しでも苦しめなかったからこれだけは幸いと言っていた。
天真爛漫なレオンの事だから、自分が死んだ事さえもわかっていないだろう・・・と。

事故の状況はこうだ。散歩中、前方から暴走した車が来たのが遠くからわかったので、道の端にメイ、レオンと避けたところ、近づいた途端、車がこっちに近づいたそうで、Nちゃんがあっ!と思った途端、膝に車が当たったという。彼女が言うには夕方6時半で暗かったからはっきりはわからないが、顔の周りが光っていたから、多分携帯で喋りながら運転していて、その隙に一瞬、ハンドルを取られたのではないか・・・という事。すぐにハンドルを持ち直したのだろう。そうでなければ、彼女も飛ばされていたに違いない。幸いに彼女は膝を打っただけで済んだ。しかし、足元にはグッタリしたレオンが耳と口から血を流し倒れていたそうだ。
すぐに抱えて、相手の車を追ったが、すぐに見失ってしまったそうだ。
前回のyuzが自転車乗っている写真のあの場所から手前5Mくらいの場所。
道幅はわりと広く車同士すれ違っても問題なく通り抜けられる幅だ。
なんで、そんな道なのにぶつかるのか。
ドスンと音がしたから、絶対に相手は何かぶつけたのはわかっているハズらしいし、彼女の大声も聞こえているハズだという。人通りが全くなかったから見た人も居ないが、大声出した彼女の声で回りの住民が慌てて駆けつけてきたそうだ。
相手は結局、当て逃げしたのだ。

「悔しい・・・」思わず言ってしまった。ノーリードで散歩していた訳じゃない。レオンが勝手に飛び出したわけじゃない。ただ、端に車を避けて待っていただけだ。なのに、何でレオンが犠牲にならなくちゃいけないのか。ただただ、悔しい・・・としか言えなかった。

Nちゃんはとにかく警察よりもレオンの方を優先しなくちゃいけなかったので、警察には散歩友達が通報し、このあと、現場検証に立ち会わなくてはならなくなった。
レオンだけだったら、器物損壊扱いになるが、彼女もぶつかったので、警察は一応、数人来て現場検証してくれた。
しかし、ぶつかったのは小さいレオン。多分、タイヤかどこかにあたったのだろう。なので、車の損傷は少ない・・・いや、ないかも知れない。
警察も犯人探しは難しいと言っていた。警官に聞けば、現場検証は今しかやらないという。
暗闇に二人、小さなペンライトで血痕を見ただけで何がわかるのだろう。。。
アタシも難しいと思う。
暗かったからNちゃんもナンバー見てないし、車種や色も特定出来ていない。
ただ、あるワンボックスカーじゃないか・・・という事だけはわかった。
犯人が見つかってもレオンは帰ってこないけれど、当て逃げしたことが許せない。

レオン・・・4歳。もうすぐ5歳になるMダックスの男の子。
元気一杯で大型にも遊びに誘うくらいヤンチャな男の子。
楽はタジタジだったけれど、だけど、レオンにだけは兄貴づらしてた。楽が覆いかぶさるとレオンは何故か降参ポーズしてたっけ。楽が唯一、外で威張れるワンコだったね。
レオン、ヤンチャボウズの君の事だから、あちこち飛び回ってるだろうね。
残された黒ラブのメイ姉ちゃんは当日、2階から降りてこなかったし、リビングに来させてもテーブルの下に隠れて大変だったよ。
そんな事もおかまいなしに遊んでいるかな。レオン、ありがとうね。

端に避けても事故にあう。そう、どんなに気をつけても事故にあうのだ。
土曜日、間違いなくアタシもこの時間帯にこの道を通っていただろう。普段の散歩時間だからだ。それも、ベビーカーに乗せたyuzと楽ラス連れて。。。
たまたま、Keiが出張で居なくて、そして、たまたま、母がこの日に限って「大きな公園に散歩に行こう」と誘ってくれた。だけど、母には「yuzの昼寝が遅いから多分行けないと思うよ」と言っていたのに、この日に限ってyuzは昼過ぎ頃昼寝し、3時半頃起きたので、明るいうちに運良く公園に行くことが出来た。こんな事、珍しいね~と母と言っていた。
時間帯を聞いてぞっとした。
日が短くなって散歩時間も暗くなる。
車から見れば楽ラスなんて真っ暗でわからないだろう。
もうこの時期は光る首輪着けて歩かなくちゃいけないな。。。yuzにも何か対策考えなくちゃ。
ヤンチャなyuzはよくベビーカーから抜け出してしまう。その度にアタシはヒヤヒヤし、無理やり押さえつけて乗せる。それでも、すぐ抜け出そうとする。
翌日から散歩が急に怖くなった。対向車が怖くなった。でも行かなくちゃ・・・。
ちなみに、メイレオンはいつもピカピカと目立つ首輪を着けて散歩していたっけ。
それでも事故にあう。怖い。
ああ、本当に悔しい。
[PR]
by yuzuorange | 2005-09-20 13:35 | RASTA
ダンナのありがたみ
Keiが週末、10日間のスウェーデン出張から帰ってきた。
たかが10日。あっという間だろうと思ったが、これが結構長く感じたなぁ。

最初は「やったー。料理の手抜きが出来る~~~♪」と喜んでいたけれど、yuzがいる限り、毎日お弁当って訳にもいかず、結局食事を作らなくてはいけないし、散歩、風呂、寝かしつけ。(←これが結構大変で、yuzさん、なかなか寝ない子なのだ)ということで、毎日、結構しんどかった。。。プラス、今、トイレにすごーく関心高いので、一日に何回も「トイレー行くー」と大騒ぎ。
一度座りだしたら最低30分は離れない。トイレの前で待機しているアタシは汗ビッチョリ。
これが一番シンドイかも・・・。
楽ラスも普段、寝てばかりなのに、何故にKeiが居ないと寂しいのか、はたまた嬉しいのか(!?)、「構って!」と顔を押し付けてくる。特にラスタはオモチャを咥えてきては「引っ張れ」と一日に何度もシツコイ。新聞読めば奪ってビリビリにする始末。朝から、アタシはビリビリの新聞を片付けなくてはならず、これまたヘトヘト。
Keiはホームシックになり、自宅に戻れて喜んでいたけれど、アタシもアタシで喜こび、Keiのありがたみをよく知った10日間だった。(多分、二人は違う意味で喜んでる気が・・・笑)
余談だが、yuzさん、Keiが出張に行った初日の日、朝起きて「パパは?」と聞いてきたので、つい「飛行機乗ってお空へ飛んだよ」と言ってしまったら、yuzはお空=お化けになった。と解釈し(笑)、お化けの手をして「パパ、お化け~?!」と聞いてきた。それからの10日間の間、彼女は夜になると空を見上げ、「パパ、バイバイー」とお化けの手をして叫んでいた。父親の心、子知らず。。。

c0000241_15133658.jpg恒例のお土産チェック中。。。
しかし、今回は楽ラスのお土産は全くなかった。まぁ、仕事で行っているから買いに行く時間がなかなかないのもあったけれど、一つペットショップがあって入ったが、(もちろん生体はなし)、オモチャも日本にあるのと全く同じだったそうで、料金もかわりなかったので買ってこなかったらしいのだ。納得。
アタシは毎回、「お土産はいいからね!」と言ってはいるが、今回はスウェーデン。何気に木製の品物を期待したのだが、意外や意外。今回、ストックホルムでも人気のあるスポットに宿泊してても回りにはインテリア&雑貨のお店が一軒も見当たらなかったらしいのだ。
オモチャに関しても同じで、これまた2件あるかないか。。。あっても、そんなにモノがなかったそう。。。Kei曰く、日本の方が一杯あるよ!って言っていた。
でも、今度は観光で行きたいと思わせるくらい、街はとても素敵だったそうな。
いいなぁ~。いつか行って見たいな~♪
c0000241_15222317.jpg


c0000241_1532950.jpgそうそう。着いて一日目にして会ったワンコがフラットだったそうで、彼は大喜びしてメールで添付してくれた。一日目にフラット5頭くらい会ったんだって♪
それ以降、会うことはなかったらしいけれど(笑)、向こうで会うワンコは皆、大型犬が多かったとのこと。
あと、Keiがビックリしたのは、向こうの車の7割くらいは皆、ヒッチメンバー(トレーラーと車を連結する部分)を付けていたらしい。キャンピングトレーラーも見たけれど、牽引して荷物を運ぶという人が多いらしいそうだ。
Keiらしく、興奮して話してくれた割には見ただけで、写真は全くなし。(笑)
ま、期待はしてなかったけどね。。。
あ、唯一の写真。フラット連れの写真でっす。
あとあとあと、スウェーデンは皆、身長が高くて、女性でも平均180センチ以上はあるひとばかりらしく、ビックリしたらしい。そして、皆、お洒落で男性はイケメン揃いだったそうな。
ジュルジュル・・・余計行って見たいぞ。(爆)

c0000241_15515466.jpgさて、現実に戻っていただいて・・・。
お化けも無事、地上に戻ってきて、昨日は早速yuzのお相手をしていただきました。(笑)
買ったばかりのyuzチャリを押して、選挙に行きました。
帰るなり腰を痛めたらしく、お疲れで爆睡。。。
ご苦労さん。これから、もーーーーっとヨロシク頼みます。


やっとPCもいじれる時間も復活したぞ♪
えっ?夏休みの続きは・・・って?
え・・・・えーーーーーっと・・・・・。何の事?!(っつー事でヨロシク)
[PR]
by yuzuorange | 2005-09-12 15:53