nori☆log
yuzuorange.exblog.jp

ヒト4+イヌ2の生活。不定期更新でボチボチとつづってます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
LINK
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:老犬介護( 7 )
固められました
c0000241_17484720.jpg


ラスタ〜お出かけよ〜♪と言うから張り切って車に乗りこんだら、いつものトコ(病院)だよ(T ^ T)


c0000241_17485049.jpg


散歩している時、ナックリングしちゃって、甲の皮膚が盛り上がって(コブみたい!?)に今にも血が出そうなので、ナックリング防止で医療用のブーツを作るんだって。ふーん。また装着物増えるの?ホントは何にも着けずにスッキリ歩きたいんだけどね・・・。

c0000241_17485720.jpg


動物専門の医療器具を作る方が直接来て、石膏で固められたんだよ。!(◎_◎;)

完成は10日後。

※医療器具だから、保険が下りるそう!予定外だったから嬉しい〜。
ア二◯ム様様!
[PR]
by YUZUORANGE | 2010-12-12 02:14 | 老犬介護
痛々しい
c0000241_22232652.jpg


ラスタの右側、上唇が歯にあたって傷ができてしまった (´・_・`)
写真じゃわかりずらいけれど、見た目結構深いです。
先生に聞いても、口周りに塗る薬はないそうで、上唇が歯に引っかかっていたら、その都度なおすしかないそう。(~_~;)
まして、ステロイド飲んでいるせいか、傷口はなかなか治らない。
そういえば、肺炎の時の点滴の為に剃った所が未だに毛が生えない。(T_T)
以前だったらすぐに毛が生えてきたのに・・・。
[PR]
by YUZUORANGE | 2010-11-20 22:16 | 老犬介護
早朝散歩
前回の投稿から、ラスタまん、すっごく調子がいいです♪
もうね、目の輝きが違うの!嬉しそうなの!
歩けてた時よりも散歩の催促をします。うん。いい事だ。

昨日から私の苦手な早朝散歩が始まりました。
一歩家を出れば清々しくて気持ちいいんだけど、出るまでがねぇ。
6時起床。6時5分に家を出る。←はい。顔はざっと洗っただけでボサボサ頭に帽子被って眼鏡です。(笑)
でも、6時でも暑かった。これからもっと早く起きなくちゃダメかしら。


c0000241_2337830.jpg


朝の公園は原っぱの端でラヂオ体操の人達がいるだけで、ほぼ貸切ー♪気持ちいいー♪
朝バナナがおめざだよ。
ラスタまんの歩行はかなりしっかりしてきました。
自らスタスタと向かってきます。タイヤの弾みで前よりも早い。
今では広い公園の1/3周は歩けるようになりました。前はほんと50mだけとかだったからスゴイ進歩です。



c0000241_2345361.jpg



一昨日は、ラスタの車椅子購入のきっかけをつくってくれたシェパのアンティスくんに会いました。
ホント、アンティスくんに会わなかったら、車椅子という選択肢はなかったかも知れません。本当に感謝なのです。
もうすぐ13歳になるアンティスくん。シェパの中でも大きい方かな。
まだ、4本脚でヨタヨタながら歩けるけれど、飼い主さんは筋肉が落ちて全く歩けなくなる前に車椅子を購入されたそう。確かに40キロ以上あったら、細い飼い主さんでは持ち上げる事も補助する事も難しいと思う。。。
とても性格が良くて、いつもボールに夢中でホントに可愛い♡



そして、朝の散歩が終わって、ご飯を作っていた時の事。
ベットに伏せてご飯の催促をしていたラスタまん。
気づいたらあれ?アタシの横にいる!?それも立って!!
yuzがすかさず「ママー!ラスタが自分で立って歩いたよーーー!」と興奮して教えてくれた。
ラスタはなんか嬉しそうにヘラヘラ笑っていた。
ここ数日、補助ベルトを使って立たせれば、数秒間は立っていられる事が数回あったんだけど、自分で起き上がる事は全く出来なかった。やっぱり後ろ足を踏ん張る力がなかったから。

「おおおおおおおおおーーーーーーーーー」
今朝の光景は、まさしくハイジの最終回のクララが歩いたシーンと同じだった。(笑)
Keiはもちろん、yuz、micoまでは一緒に拍手して喜びをわかちあった瞬間。
一回しか見せてはくれなかったけれど、本当に嬉しかった♪

慌てない。もう焦らない。ゆっくりでいいよ。待ってるからね。ラスタまん♡
[PR]
by yuzuorange | 2010-05-20 00:05 | 老犬介護
オヤツ効果
GW前半は調子良くて手助けなくても3歩歩いたり、ちょっと自立出来たりしてたのに、後半はぐにゃぐにゃで正直めげてました。
今まで車イスは押してあげないと進まなかったのに(それも後ろ足はナックリングした状態)、今日の午後の散歩は初めて自分でスタスタと歩いてくれた!!(こういう時はナックリングは殆どナシ)尻尾もフリフリしてスゴイ!
まずは車イスに慣れる事からだから進歩だよね♪
だけど、補助ベルトだけでは相変わらず紐の切れた人形になっちゃうの。



朝の散歩では、悪気はないんだろうけれど、ベンチに座ってたおじいちゃんとおばあちゃん達が「あーなったらもう終わりだよ」とかリハビリ横で言われちゃって(アタシは思わず振り向いて睨んでしまった・・・リハビリ中に言うなーーー!!)、こっちは頑張っているのに調子落ちているときに言われると凹む。(;_;)
まぁ、大半の人は「おっ!今日は調子いいなー」とか「頑張れよー!」とか沢山の人が覚えていてくれて応援してくれるんだけどね!
そういえば、今朝の散歩で同じ補助ベルトをしたゴールデンに会いました。
飼い主さんの後ろでフラフラヨロヨロしながら付いて行っていました。
凄いなー。思わず後ろで「頑張ってね♡」と応援してしまいました。

そして・・・さっき発見。携帯カメラのレンズが欠けてた。ガーーーーーン。(@_@;)
[PR]
by yuzuorange | 2010-05-09 22:05 | 老犬介護
快晴のGW
毎年、GWになるとキャンプに行ってた我が家。そして、天候にいまいち恵まれなかったっけ。
なのに、今年は何なの!!この快晴はなに!?

今年の我が家のGWと言えば・・・

c0000241_0192356.jpg


ラスタまんのマッサージ。

自宅に来てもらって、長ーい時間、それはそれは丁寧にマッサージ。
お灸してもらっているときは気持ちよくてウトウトしてます♡
先生大好きなRAKUは常にピッタリ♡膝の上にいたり、ぺったり寄り添ってたり。←ちょっと邪魔(笑)




c0000241_0272055.jpg

ラスタまんの鍼治療。

実は、前回の先生は手術をしたことに異常に難色を示すので、楽ラスの手術経験に毎回突いてきて、その都度アタシは先生と衝突していたんですねぇ。(苦笑)
鍼はイイと思うけど、クドイ話を毎回言われ、狭い診察室で言い合いしているのをラスタは見てどうなんだろ?と思い、行くのをやめました。
なので、先月から自宅から車で10分の病院に変えました。
院長先生はとても優しく、ラスタまんもリラックスして治療してもらってます。




c0000241_0441248.jpg

ラスタまんの車いす完成。

補助ベルトで歩かせるのには限界があり、車いすをオーダーしました。
これなら、支えるだけでラスタの歩行を手助けすることが出来ます。
もちろん、これの目的は後ろ足の感覚を少しでも戻すためのリハビリ用です。





と、ラスタのためのGWになってしまった感じですが、仕方ない。
今はラスタが嫌がらないうちは、後悔しないよう、やるだけの事をやるだけ!
もちろん、間には公園へ行ってピクニックしたり、学生時代の友達と昼から飲んだり♪
すっかり今日は休みボケ。。。一日、眠かった。
[PR]
by yuzuorange | 2010-05-07 00:55 | 老犬介護
ちょっと・・・
c0000241_21285194.jpg


これってどうなの?

ウンチバックはいいとして、ボール、弁当、テーブル、縄跳び。。。
入れすぎでしょ。
老犬労われー!!
[PR]
by yuzuorange | 2010-05-06 21:32 | 老犬介護
とうとう・・・老犬介護
毎度、お久しぶりのブログです。(^^ゞ

RASTAの足の事。いっぱい書くことあったのに、あれよあれよという間にまとめきれなくなってしまった。
簡単に書けば、

1.去年の夏ごろから後ろ足の爪を引きずったり、ナックリングを繰り返すようになった。
2.後ろ足の補助ベルトで支えるも、今度は前足に負担がかかり、前足までふらつき、転ぶ事が多くなった。
3.一度、しゃがみ込むと立ち上がりが大変になった。呼吸も早くなる時もあり。
4.散歩中、伏せる時間が早くなる。40分~30分~20分~・・・・・5分・・・20歩、10歩、5歩。
5.そして、3週間前から自力で歩けなくなる。

あれ?簡単に書きすぎ?!
いやいや。最初、丁寧に書いていたんだけど、アタシがうっかり消しちゃったのだ。(泣)

筋肉もどんどん落ちていって、前足の筋肉まで落ちていきました。
歩かせないと、どんどん落ちていく筋肉。だけど、本犬は一度崩れると紐の切れた人形のように、全く歩く気なしで、ぐにゃーーーーーとへたり込むだけ。後ろ足の補助ベルトも役に立たず。
去年の暮れまではそんな時、「えええーーーーーーーっっ!!」と焦りつつも、27キロ(筋肉落ちて体重減少)のRASTAを抱っこして家まで帰っていたけれど、今度はアタシが腰を悪くしてしまい、思い切ってカートを購入。
これは、本当に助かる商品。以外と軽い!折りたたみ簡単!
幸いにこんなにしんどそうでもRASTAは一度も散歩も嫌がる事無く、今でも「散歩だよー」と言うと玄関にホフク前進して行こうとしてます。
リハビリの先生もおっしゃってたけど、大型犬は特に完全に寝たきりになったら内臓も弱って長く持たないと。
痛覚はまだ残ってるし、完全な麻痺ではないから、今は持ち手2箇所の胴着を着て、支えながら無理やり歩かせてます。
老犬介護はホント、ある歌の言葉を借りれば、1歩進んで2歩下がる。いや、1歩進んで3歩下がる?その1歩を2歩に、3歩にするようRASTAと頑張るぞ。
落ち込む事もあるけど、明るく。明るく。

写真はいっぱい撮りためてるから、いつか追いつくようにしないとなぁ。
それにしても、老犬は頑固だわ。ご飯の催促鳴き、ウルサイんですけど。でも、鳴かなくなると困るから、どーぞいっぱい催促してちょーだい。こうして、甘アマな飼い主になっていくのね。

c0000241_034498.jpg

[PR]
by yuzuorange | 2010-04-28 23:34 | 老犬介護