nori☆log
yuzuorange.exblog.jp

ヒト4+イヌ2の生活。不定期更新でボチボチとつづってます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ハプニング発生!
c0000241_197966.jpg

無事生まれてホッとすると同時にだんだんと人の声や目に見えるものが遠のいていった。
チビ生まれて抱っこさせてはもらったが、とにかく眠くて何もしたくなくなったのだ。
とにかく眠い。気持ちよく寝てしまいたい・・・。
なんというか、幻覚症状のようにボーーーとしている。意識が遠のいていくのがわかった。
でも、起きている。先生とのやりとりもできた。
しばらくして、だんだんと意識も視界もはっきりしてきた。出産してから2時間近く経っていた。
普通、出産して2時間すれば部屋に戻れるので、「部屋に戻して欲しい」とお願いしたら、出血がひどいからそのまま安静にしているように言われてしまった。
どうやら、子宮の収縮が悪いらしく、全く収縮していないらしいのだ。
そのために、出血が止まらないとの事。(弛緩出血というらしい。。。)
まぁ、当の本人は意識もしっかりしてきたし、「ご飯食べたい」とか「部屋にいい加減行きたい」とかKeiにも「飲み物飲ませて」とか言いたい放題言わせてもらうくらい、何とも思ってなかったが、5時過ぎになって、Drがやってきて、「うちの病院では対処できないから、これから救急車でK大学付属病院へ搬送します」と言われた。
「へっ?!」
訳わからぬまま、そのまま救急車に運ばれてしまったのだ。

チビも数回抱っこしか出来ず(それも顔をじっくり見ることも出来ず)に生まれてから、私とチビは悲しい事に離れ離れになってしまったのだ。。。

救急車に入れられ、何が起こっているか訳わからぬままボーとしていた。
ドアを閉める際、病院の前にあるお店の前に飾ってあった大きな大きなクリスマスツリーをただただ眺めていたら、yuzが「ママ!頑張れ!」と言ってくれた。
思わず我に返り、悲しくて悲しくて涙が出てきた。

チビを出産した病院は駅前にある個人病院で周辺は沢山のショップやレストランあり賑やかなところにある。
そのなかを救急車で運ばれるから目立つ、目立つ。。。(苦笑)
そして、K大学付属病院へ。。。

血液検査の結果、通常ヘモグロビンという数値が13あるのに対し、大量出血したアタシの数値は5という異常な数値を出していた。
先生いわく、「男性だったらショック症状が出てます」と言われた。
女性はもともと貧血に強いのと、妊婦は特に貧血に強いから、あたしのように意識があるらしい。
「このまま輸血するかも・・・」と言われたが、極力輸血はしたくない意思を伝え、先生も同じ考えだったので、緊急に必要になったら輸血する方向で同意書を書かされ、この夜からMFICUに入れられることになった。(泣)
導尿され、両手には点滴、完全にまな板の鯉状態なアタシはされるがままになってしまった。。。ううう。。。

出産というのは本当に何があるかわからないもんですな。今回、よーーーく身にしみてわかりました。。。本当に予定外の出来事です。
[PR]
by yuzuorange | 2005-11-16 19:07 | コドモ