nori☆log
yuzuorange.exblog.jp

ヒト4+イヌ2の生活。不定期更新でボチボチとつづってます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
あれから1年
ブログ放置しすぎでやめたの?と思われた方々。
いーえ。やめてません。(きっぱり)
タイミングがなかっただけで・・・('∀`)
本人は元気にやっております。


今月12日。あの突然のお別れから1年が経ちました。
今でもあの時の事が途切れる事無くしっかりと思い出す。
ラスタの表情、私の感情。それはそれは、ぐるぐるぐるぐると。

ラスタが11歳半くらいの時に足腰が急に弱り、それからは一気に下降し、全く歩けなくなり。。。
希望を信じて車椅子で毎日リハビリ。

でも、追い打ちをかけるように、12歳の時に極度の低血糖がわかり、インスリノーマという診断。
血糖値を上げるためにそれからはステロイドが手放せなくなり、おっそろしい位の食欲と3時間~4時間おきの食事。

そして、さらに追い打ちをかけるように誤嚥性肺炎を2回。見事復活。
車椅子のリハビリと鍼灸、マッサージのお陰で車椅子も使わず歩けたり。あれは感動したなぁ。

インスリノーマによる低血糖でいつ発作(痙攣)が起きるかわからないので、常にブドウ糖を持ち歩き不安だったこと。
長くはない・・・と言われたけど、1年強頑張った。

で、ここまでくるか!という追い打ちは亡くなる2か月前にわかった骨肉腫の診断。
徐々に歩行が怪しくなり、ビッコひくようになってから。
麻酔が厳しい体なので手術は出来ないこともあり、いつ強烈に痛みがやってくるのか。
ラスタが悲鳴をあげたら私はどうするか・・・。いつも頭でその判断に悩んでいた。
抗がん剤治療もせず、モルヒネ(パッチ)を体に貼って痛みを軽減し、ラスタはそれでも食いしん坊で散歩もかかさず催促した。

さすがに今年で最後かも。。。と思い、去年はいろんな公園に行って花見をした。
そして、桜が散る頃に3度目の誤嚥性肺炎であっけなく逝ってしまった。
食事には気をつけていたのに。。。こればかりは、どうすることもできなかった。

辛いけれど、正直ホッとして「よかった」と口走ってしまった私。
だって、低血糖の発作でなくなるか、骨肉腫の痛みで苦しむか・・・どちらにしても苦しむ姿を覚悟していたから。亡くなる2日前まで花見して、亡くなる前日まで美味しいご飯を食べて、そして、子供たちがテレビ見ていて大爆笑している横で苦しむ姿を見せずに長い眠りについたのだから。
(なんとも笑える旅立ちですが・・・)

私もやりきった感がいっぱいで、後悔も何にもしていないのも良かったかも。
ホント、子供には悪いけれど、ラスタ優先の2年だったから。

習い事もしたいとお願いされたけれど、送り迎えするとラスタから目が離せないから・・・という理由で✖だったし、小学校、幼稚園の役員もラスタの介護でお断りした。
2年目の役員決めの時、犬の介護でさらに断れるか悩みの種だったけれど、当日の役員決めの2日前に亡くなってしまったこと。もちろん、断る理由なくて承諾。
また、ラスタが亡くなった2週間後にmicoの血尿がわかり、小児病院に回され、そのまま付き添い入院したり。
ラスタが生きていたら付き添いは出来なかったかも。だって、ラスタを運んで介護出来るのは私しかいなかったし。

ラスタは全てお見通しだったのかな。
最後の最後まで親思いのいい子だったね。完璧。

青空の日は空を見上げてたまに「ラスター」と声を上げてみる。
会いたい会いたい・・・って思っていても、夢枕にも出やしない。

なのに・・・Keiには頻繁に現れるらしい。
すごいのはKeiはラスタと夢で会話もしたらしく(笑)、「ボクは元気にやってるよ!みんなが心配なんだ」と話していたそうで。。。
ホントか?私が急性腎炎で苦しんいるとき、キミは寝込むアタシを顎でドついてご飯や散歩を催促したよね!?

ま、いいや。忘れてあげるよ。
夢の中のラスタは元気いっぱいに走り回ってるとか。
夢でもいい、嬉しいよ。




ああ。ラスタまん。会いたいな。
[PR]
by yuzuorange | 2012-04-12 20:00 | RASTA