nori☆log
yuzuorange.exblog.jp

ヒト4+イヌ2の生活。不定期更新でボチボチとつづってます。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
LINK
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
爺さんはいろいろとあるんです
c0000241_035546.jpg


久しぶりの投稿。長々打ったら2度も消えた。かなり凹む。こまめに送信しながら打つとしよう。。。
以前のPCと配置が微妙に違うから、癖でどっか押して消しちゃってるみたい。だけど、原因わからず。。

ラスタの病気がわかってからあまり経過を書いてなかったことに気付いたので、ここで改めて。。。

徐々に脚力は弱くなっていったが、急に歩けなくなったのが去年の3月。
その後、血液検査で異常な程に低い血糖値がわかり、インスリノーマの疑いと診断を受ける。
手術はしないで、食事療法(一日6~7回の食事)とステロイド(一日1回5mg)を飲み続けている。
最初は100台→90台→そして、11月くらいから現在は80台を維持している。
数字的に見ると下がっているので正直凹むのだが、80は基準値内なので気にしなくて良いと言われる。
70台に落ちたら、また考えなくてはならないそうで・・・。(>_<)

でも、今、先生は誤嚥性肺炎の事の方を心配している。
そりゃそうだ。去年は7月10月と続けてやっちゃったからなぁ。もし、今度なったらそう簡単にはいかないとまで言われたし。。。
なので、我が家は食事にはすごーく気を使ってます。
食事は完全にペースト。そして、胃腸が弱いラスタのために葛を入れたり、ナツメを入れたり。
下痢が続いた事があったので、今は生食も完全ではないけれど控えめにして茹でてます。
とにかく、血糖値を下げさせないためには食事は不可欠なので、絶食できないのです。(>_<)
今は安定していて、立派なブツを毎朝生産しております。

散歩は一日2回。今は冬時間で10時頃と14時頃。
やはり、病院の先生も鍼灸の先生も極力歩かせてくださいと言われている。
雨が続いて散歩に行けない日が続くと、歩行に支障が出る。
なので、私が急性腎炎になっても、散歩は止めるわけには行かなかったのだ。
去年、2か月近く歩けなくなったときの介護は本当に大変だったから・・・。(腰が完全にやられ、寝るのも痛かった・・・)何よりラスタが歩きたがっているのを見てたから。。。

そんな中。先週の出来事。

ゴハンも食べてぐっすり寝ていたラスタまん。
次のゴハンの時間がやってきた。通常ならば自ら頭突きで催促に来るのに爆睡して来ない。
「ラスター、ゴハンだよー」
「ZZZZZZZZZ]
「おーーーい」
「ZZZZZZZZZ」
「!!!!!!ラスタ?ラスタ?どうしちゃったのー?」叩いても揺さぶっても起きないラスタまん。
心臓バクバク、完全に逝っちゃったと思った私。(爆)動揺しつつも、まずはベットに運ぼうと持ち上げて1m程歩いたら、ムクッと起きてきやがった。(+o+)
そして、何事もなかったようにゴハンを完食していきました。

そして、翌日。
またしてもご飯を食べて、爆睡するラスタまん。
午後になって起き上がるなり激しいビッコ。

実はビッコはその1週間前からゆっくりなっていったのです。つか、Keiが気付かないくらいの程度で。。
丁度、2週間おきの検診の日があったので、症状を説明すると先生が「頭振ってるの見ると、左前脚ですね。」
と言われた。骨の異常だと治療が変わってくるので、レントゲンで確認。
だけど、異常なしだった。

で、問題の激しいビッコ。飯を食べ、しばらくしてからまた爆睡。
夕方、トイレに出そうとしたら、なんとまたしても歩けなくなったラスタまん!!
トイレも抱きかかえて、時間かかって出す始末。
とりあえず、先生に電話すると診療時間は終わっているけれど、「今すぐ連れてきて下さい」とのお返事。
yuz、mico連れて、楽ラス連れてすぐさま病院へ。
今度は肩から念入りに調べた。・・・が異常なし。
しかも、病院についたときは全く歩けなかったラスタがレントゲン室に入ると立ち上がり、前回と逆の右前脚をかばう歩き方をしたそうで・・・。
検査を終えて診察室で対面するとビッコはひいているものの、しっかり歩くラスタまん。

「左肢をかばっていたのに、右肢に変わる。歩けなかったのに急に歩き出す。神経特有の症状なんですよねぇ」
前日の揺さぶっても爆睡したのも、もしかしたら神経が関係しているかも・・・と。
まぁ、「かもかも」なんですけどね。なんせ、詳しく検査しないから・・・苦笑
検査したところで、手術するわけでもないし、治療法が同じだし、全身麻酔だし。

誤嚥をしたのも咽頭麻痺の疑いが強く、要は神経の問題。
担当の先生もほかの先生も同じ意見で、老化に伴う神経症状か、それと小脳の異常(腫瘍とか?)。
小脳の異常を確かめるには開くしかなく、私も先生もリスクが大きいしそれは考えていない。
幸いに神経にもステロイドらしく、薬は変えずに1週間だけ量を増やして様子を見ることになった。

翌日はビッコもなくなったけれど、またビッコ。これの繰り返し。
病院で先生に言われた事は言わずに鍼灸の先生に症状を話したら、同じように「老化による小脳の委縮が原因じゃないの?」と言われた。
ゴハンの時にたまにひきつけ起こすくらい興奮するので、軽い脳梗塞になったか?
興奮は要注意です。(>_<)
関節炎はないので、やはり散歩はかかさず行ってます。
最近じゃ、ショートコースの朝散歩なのに、ずんずんと歩きたがり(ビッコひいていても)、お店の店頭にある焼き芋に「買ってーーー」と言わんばかりにアタシの顔と焼き芋を交互に見て興奮しています。
だから、興奮しちゃダメだってばーーー。

余談だけど、カートに乗せて散歩していると、「肢が悪いの?」と聞いてくる方が結構います。
そして、最後に大体決まって「可哀想に・・・」と。
これってはっきり言って言われたくないです。。。カートに乗って公園に行きたがったり、焼き芋ほしがったりするラスタの顔はイキイキしてるもんね。
近いうちにまた歩けなくなるかもしれない・・・でも、今は出来るだけ歩かせてあげたいな♪

キーボード打っている手を跳ね除けるように「メシくれ!」と大騒ぎのラスタまん。
さて、ゴハンにしますかねー。
[PR]
by YUZUORANGE | 2011-02-01 01:40 | インスリノーマ