nori☆log
yuzuorange.exblog.jp

ヒト4+イヌ2の生活。不定期更新でボチボチとつづってます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検診日
血糖値を維持する効果がある薬、プレドニゾン。
初回は10mgを一日2回投与していたが、呼吸が早いのが気になって、もう少し量を減らし5mgを一日2回に変えてもらった。
効果があるならば、少しでも量を減らしたい。

そして、2週間後の検診日。果たして血糖値の数値はいかに。。。
効果がなかったらどうしよう。。。
ドキドキしながら血液検査を待つと、血糖値90だった♪(基準値78~128)
ああー良かったー。
でも、肝臓の薬を飲んでいても相変わらずALPは高く3344 u/lあった。
(GPT、GOTは下がっていたが)

それにしても、この病院は前回も書いたが、スタッフが多く、最初にラスタを診てくれた先生は週に3回しかいないので、別の先生にあたる事も多い。
カルテには詳しく書いてあるそうだが、それでも全部書いてある訳じゃないから、いちいち説明をしなくてはいけなかったり、ちょっと面倒な事がある。
院長先生はスタッフの指導にあたっていて診察はあまりされないみたいだし、副院長はなかなか予約が取れず。。。
常に混んでいるこの病院でも、インスリノーマの症例は過去1件しかなく、情報が乏しい。
なので、あまり日常の生活についてアドバイス的なものはない。
病気に負けず戦いましょう!というよりは、維持できるといいですね・・・みたいな。
完治しないとわかっているけれど、もう少し励みになる言葉が欲しいんですけどー。
やはり同じ先生に続けてみてもらうのがいいのかも。
だって、ラスタの状態がいいのか悪いのか見た目では先生にはわからないものね。

その点、鍼灸の先生は本当に明るく前向きになれる。
「ラスちゃーーーーん」と声かけしてくれて、脈をはかり「うん、いいねー♪ストレスなくなってるね♪」と嬉しいお言葉。
鍼を刺しながら、「もうすぐ夏休みだねー、どこか行くのー?」と聞かれたから、「先生、こんな状態じゃどこにも行けないですよー。夏休みはないですよ」と答えたら、キョトンとして「どうして?」と。(^^ゞ
発作が起きたら怖いことを伝えたら、「じゃあ、病院の近くに遊びにいけばいいじゃない♪」って。
「あ、先生ナイスー!そうですねー♪」とその時は思ったけど、先生よ。病院の近くの遊び場って・・・。

ラスタまん、今は至って元気です。
玄関開けると脱走するんじゃないかという意気込みです。(~_~;)
間違いなく、目的は公園に行ってお散歩しているヒトにオヤツをねだることです。
恐ろしいくらいの食欲です。
[PR]
by yuzuorange | 2010-07-10 21:07 | インスリノーマ